ぎっくり腰の原因の一番の要因は、疲労の蓄積です。

ぎっくり腰が起こる時には、いつも行っている軽い動作の時に起こるります。

軽い物を持ち上げる動作

軽く体を捻ったとき

朝靴下を履く動作

高いものを取ろうと背伸びしたとき

車に乗ろうとしたとき

などなどホントに些細なときに起こります。これはなぜかというと、人間だれしも、体には痛みの出る線が存在しています。

その線の下だと痛みがなく、線を越えてしまうと痛みになります。ぎっくり腰を起こす場合には、閾値の線、ギリギリラインにいることが多いです。これを起こさないためにも、毎日のケアをして疲労をなるだけ貯めないように心かけましょう。

疲労を貯めない3要素

①柔軟体操

②バランス運動

③休息

④栄養