腰痛アドバイザーの穐山です。

今日は、なぜ筋肉痛は年を取ると一日遅れでやってくるの?というお話しをします。

これはただ年を取ると若い時みたいな運動量ができなくなるからです。

普段からしっかり運動をやっていれば筋肉痛に時間差は出ません。

負担が大きければ短時間で筋肉痛は起こりますし、負担が少なければ筋肉痛もゆっくり出てきます。

年を取ると普段の運動量が少ないため、本来筋肉痛にならない運動量でもゆっくりと筋肉痛が出るほどの小さな負荷がかかるために、一日遅れでやってくるイメージがあります。

筋肉痛の遅れは年齢というのではなく、普段どれだけ運動をやり筋肉を使っているかにかかります。なので若い人でも、運動をやってないと筋肉痛が遅れてくる場合が十分あります。