武蔵小杉で腰痛専門整体院を開業している腰痛アドバイザーの穐山です。

今回は腰痛、膝痛、股関節痛の人の体に負担の掛からない歩き方をアドバイスします。

普段皆様が歩いている歩き方は、たぶん、踵から→小指側→母指球→親指と行ったローリング歩行だと思います。

しかし本当にこの歩き方でいいのでしょうか?

もし高い所から飛び降りた時あなたは足のどの部分で着地しますか?

たぶん、足のつま先側だと思います。これはつま先側にもアーチ(土踏まず)があるからなのです。

アーチがあるということはクッション制があります。

歩く時もしっかりと足裏のクッションをうまく使うことで膝痛、股関節、腰痛と行った関節に負担がかからないようになります。

ではどのように歩くかを簡単に説明します。

まずは基本は小股です。つま先→踵を付き→つま先をついて蹴り上げる歩きをしてみて下さい。これはキャットウォークといい昔のモデル歩きで歩きがきれいに見える歩き方です。

少しで難しいと思いますが、膝痛、股関節痛、腰痛の方はぜひ一度試してみて下さい。