座ったままできる身体のストレッチ方法をお伝えします。

今回お伝えするストレッチは身体の法則に従っての方法ですのであまり無理しすぎないように行ってください。

①リラックスして座る

②左右どちらが捻じりやすいか確認してください。
※この時に強くやらず軽く捻じってください。

③左右確認できたら、捻じりやすい方向に3回~5回捻じります。この時に注意してもらう事は、捻じって顔の向く方法に重心をかける。反対のおしりは浮き上がっても構いません。これを左右交互にやってください。

④やり易い方向は少し強くやっても構いません。やり易い方向はゆがみを元に戻す運動になっています。

やりにくい方向はそれ以上無理をすると痛みが出る場合がありますので注意してください。

これをしっかりやる事で骨盤が正常の位置に戻り、やりにくかった方向もやり易くなります。これが一般のストレッチとは違うところです。無理をしないで気持ちがいい方向にやるのが身体の法則に沿ったストレッチのコツです。