あきやまてつやからご挨拶!

外反母趾.足の痛み専門治療院のストリー

2008年、川崎市中原区武蔵小杉で開業したバイタルあきやまは、開業当初から今日までバイタルあきやまが目指す目標はただ一つ「患者さんの健康、痛みからの解放。」全ては患者さんのために…

開業当初は「外反母趾.足の痛み専門」ではなく、恥ずかしながらコンセプトがないまま「腰痛専門」治療院として開業していました。

始まりは武蔵小杉

バイタルあきやまは2008年川崎市中原区武蔵小杉でスタートした。

それから11年バイタルあきやまは、何もコンセプトがなく腰痛専門治療院をしていましたが、外反母趾.足の痛みに特化した治療院に生まれ変わり、日々、足の痛みに特化した治療に邁進しています。

なぜ、外反母趾.足の痛みに特化した治療院に変わったのか?

開業当初から今まで、バイタルあきやまの目標は「患者さんの健康、痛みからの解放」です。しかし開業当初、いくら腰痛の治療をしても、その場はいいのですが、すぐに痛みが戻ってしまうという事が多々あり、その原因を追究すればするほど、足の変形(外反母趾)が原因だったのです。

それが、外反母趾.足の痛み専門「バイタルあきやま鍼灸整足院」が生まれた原点です。

私はプロ野球選手を目指していた

私は、小学2年生から社会人まで野球一筋でした。その中には対戦した選手、チームメイトの先輩や後輩に多々プロ野球選手がいます。そんな野球人生の中でひと際ケガが多い選手でした。

骨折5回、肉離れ3~5回、ぎっくり腰5回位、捻挫に関しては数えられないほどでした。今思えばそれがきっかけで治療家を志したのです。

現役引退後には2つの専門学校(6年間)で柔道整復師、鍼灸師の国家資格を取り開業を目指していました。

外反母趾.足の痛み専門との出会い

開業前には足に興味がありましたので、インソールの勉強や足についての勉強はしていました。しかし、開業すると決めた時に足専門治療院も考えたのですが、その当時足専門のみで開業されている先生もいませんでしたし、自分にも自信がなく何となくの理由で「腰痛専門」を掲げて開業しました。

しかし、開業して2年半位で足についての大切さを患者さんを通してしり、それから猛勉強をして足についての知識を入れるとともに、患者さんの足に注目すればするほど、足のお悩みが深い事が分かりました。

現在

開業して11年経った今、今だに全国でも少ない「足専門治療院」なのですが、当院では足の痛みに特化した整足テーピング協会の理事兼エグゼクティブトレーナーとして、講師活動もしながら「外反母趾.足の痛み専門治療院」として日々治療しています。

開業当初からの目標「患者さんの健康、痛みからの解放」だけだったのが、明確になり、「体の土台は足」と言う基本コンセプトが加わりました。

【外反母趾.足の痛み専門】

バイタルあきやま鍼灸整足院

院長 穐山鉄矢(あきやまてつや)

趣味:家族でキャンプ

  • 国家資格取得(柔道整復師.鍼灸師)
  • プロスポーツトレーナー協会 公認トレーナー
  • 日本健康姿勢保持研究会会員
  • 整足テーピング協会 エグゼクティブトレーナー
  • NPO法人日本スタビライゼーション協会インストラクター
  • S&Dバランスセラピスト
  • 日本コアコンディショニング協会ベーシックインストラクター
  • 日本健康コンシエルジュ協会会員
  • ゆびのば®体操指導師

初めまして!院長の穐山鉄矢(あきやまてつや)です。

見ての通り趣味がアウトドアーです(^◇^)(^◇^)(^◇^)

子供と遊ぶのが趣味楽しく、毎日元気に過ごしています。

tetuya.jpg

1975年5月7日生まれ。
出生地・出身地は母親の里帰り出産で新潟県佐渡島で生まれ、東京都世田谷区を経て川崎市宮前区で育ちました。
血液型:O型!
出身校!
川崎市立南野川小学校!
川崎市立野川中学校!
川崎工業高校(現川崎工科高校)!
早稲田医療専門学校(鍼灸科)卒業!
北豊島医療専門学校(柔道整復科)卒業!

長崎県の島原半島南部の加津佐町の父と新潟県の佐渡島の母との間に次男として誕生、兄と妹の3兄弟で育ちました。

現在は妻と長男と長女の4人家族です。

現在の趣味は海遊び、BBQ、川遊び、キャンプなどのアウトドアーや、子供の友達など家に呼んでワイワイやるのが楽しいです‼

昔の趣味は野球、バイク、ロードバイク、などやはり外で遊ぶ事でしたのでゲームは嫌いです‼

学生時代は小学生の2年生から野球をはじめ社会人野球までプロ野球を目指して頑張っていました。

私の性格ですが、自分では人見知りだと思うのですが、周りは認めてくれません(笑)

この業界に入ったのは社会人野球の現役を引退した22歳の時です。

野球を引退したらこちらの道にと考えていました。その理由は幼い時からケガが多く、よく鍼灸師さんや柔道整復師の方やスポーツトレーナー、チームドクター等にお世話になっていましたので、それがきっかけです。

怪我歴&病気歴!
骨折4回不全骨折1回縫った箇所3か所(耳、すね、男性の大切な箇所)ぎっくり腰たくさん、肉離れ3回入院2回十二指腸潰瘍(20歳)痛風(22歳)とたくさん経験しています。

野球との決別

野球を引退したらトレーナーの道をと考えはしてたのですが、こんなに早く来るとは思ってもいなかったです。

それは社会人野球部時代に会社側と僕の野球に関する考え方の違いで退部し会社を辞めました。今考えれば僕の若さや甘さ、物事をしっかり考えられないバカさやそれに忍耐が足りなかったんだと思います。

正直その当時はまだまだ現役でやれる自信はあったのですが、他社への移籍や他社のテストが受けられない状態になってしまったので諦めなくてはならなかったのです。

なので野球に対する未練は思いっきりあります。(笑)

その当時一緒にプレーしていた先輩や後輩が後にプロ野球選手になって頑張っていたのが僕にとっての誇りでもあります。

医療業界に入る道のり!

この業界に入るにあたって先ずは専門学校に通い資格を取得しなくてはならなかったのです。しかし今まで野球一筋で勉強をやってこなかったので勉強の仕方がまるっきり分からず、過去問を取り寄せましたがまったく分かりませんでした。

私がどれくらい勉強ができなかったと言うと‼

中学校当時では、一学年約250人中後ろからよくて20番目位でした(笑)。

クラスでは後ろから3本の指に入っていました(笑)

そんな私が専門学校に入る為に行った事が卒業した高校に行き先生たちに勉強を教えてもらうように直談判しに行きました(笑)勉強をしてなかった私が初めて勉強をした時期です。そのお陰で倍率7倍の早稲田医療専門学校夜間(鍼灸科)無事合格しました。

医療業界からの道のり!

学校に入ってからも勉強の日々でした。私が入ったクラスメートには夜間部と言う事もあり色々な方がいました。現役早稲田大学生や薬剤師の方、整骨院の院長先生やエリート大学を卒業して鍼灸師を志した方や現役公務員の方や英語がペラペラのおねいちゃん、会社の社長さん等確実に私よりも頭がよい方ばかりでした。

その当時は月曜~土曜日は朝8時~17時まで鍼灸整骨院で修行をし18時~21時まで学校、23時~3時位まで勉強の日々を過ごし毎年ギリギリで進級し何とかみんなに食らいつき3年間立ち無事鍼灸師の国家試験合格をしました。

その後1年間は朝8時~19時まで鍼灸整骨院に勤務し20時~24時までリラクゼーションサロンで整体をしお金を貯め、その後柔道整復師(整骨院の資格)を取りに鍼灸学校と同じような日々を3年間学校に通いました。

国家資格前の1年間は今まで以上に勉強をし、今でも夢に出るくらい恐ろしい期間でした。そのお陰で無事柔道整復師の国家試験合格しました。
勉強嫌いな私がこんな勉強するなんて自分も含め両親、兄弟、友人みな不思議がっています(笑)

国家資格後は勤務しながら、店舗を自分で借りて空いた時間夜間&週末開業を数年間行い独立開業いたしました。週末開業を始めたころには結婚し子供が生まれたばかりで大変妻には苦労を掛けました。

私の思いを聞いてください。

私は選手時代に腰痛に悩まされていました。
検査をしても異常ない、しかし痛みは一向に引かず我慢する日々でした。当時野球部に所属していましたので、早く治したいと言う気持ちで整骨院、接骨院、整体、ハリ、ストレッチ、整形外科等に通院していました。しかし痛みは一向に良くなりませんでした。実際治療に行った時も私の話を聞かず、痛い箇所にマッサージ、ハリ、ストレッチ等の施術でした。
その当時は「この痛みがいつまで続くのか不安でなりませんでした。」
悩んでいる私に父親が、知り合いのトレーナーの先生(元プロ野球)を紹介してくれました。何回か通院して教えてもらったケア方法をやるようになり、あんなに悩んでいた痛みから解放され、同時に不安からも解消されたのが今でも鮮明に記憶しています。そのお陰で野球が続けられ、高校卒業後には企業の社会人野球まで進むことができ、都市対抗(東京ドーム)を目指して頑張りました。その時の経験が今でも役に立っています。
その当時から現役を引退したら「私のように苦しんでいる人を救いたいと思うようになりました。」

それが私がこの業界に入ったきっかけです‼

では、なぜ今は、外反母趾.足の痛みに特化した治療院をやっているのかをよく聞かれます。

昔はよくある腰痛、肩こり、膝痛、股関節痛の慢性的な症状と向き合っていたのですが、そのような慢性的に痛みがある方の殆どが足に原因がある事に気づいてしまったんです‼

しかし、足で困っている患者さんがたくさんいるのにもかかわらず、足をしっかり治療する先生が少なかったのです。

それならと思い足の事について色々勉強するうちに足についてのめり込み、足裏の土踏まず(アーチ)の事や足ゆびの役目、インソール、靴、歩き方など徹底的に学ぶにつれ、人間の土台は足だという事にたどり着きました。

今では、鍼灸整骨院や鍼灸サロン、往診治療、スポーツトレーナー、週末開業を経験してから独立開業し延べ9万人以上も患者さんや選手を施術しました。

現在私のもとには、今まで外反母趾.足の痛みで色々な病院や治療院をめぐり、自分が思うような治療に巡り合わず困っている方が来院してきます。

今では、外反母趾.足の痛み専門治療院多くの患者さんの施術をするだけではなく、「整足テーピング協会」のエグゼクティブトレーナーとして、治療家の先生やエステティシャン、鍼灸師の先生などに外反母趾.足の痛み施術を教える活動やランニングメーカーとコラボしながらのイベントもしています。

本当に良くなりたいと思うのであれば、私は誰よりもあなたと向き合います。

あなたのお悩みを聞かせて下さい!

バイタルあきやま鍼灸整足院 院長 穐山鉄矢