足の小ゆびの痛み(内反小趾)

症状

発生頻度は外反母趾に比べると少ないが、外反母趾と内反小趾と両方の方が多い

  1. 足の小ゆびが親指の方に曲がり小ゆびの付け根が出っ張った状態
  2. 小ゆびの外側や裏にタコが出来る
  3. 出っ張り部分が靴に当たって圧迫され痛みがでる

原因

足の小ゆびの痛み(内反小趾)は以下の2つが考えられます

  1. 横アーチのつぶれ
  2. 靴による問題
  3. ハイヒールなど先が細い靴で圧迫されている

原因の解説

子供の場合には靴によって起こります。

靴が小さすぎたり大きすぎたりすると足のゆびに力が入らず、小ゆび側の靭帯が緩み小ゆびの骨が外に出っ張って起こります。

ハイヒールなどを日常的に履いていると、体重の負荷が前足部に集中してしまうため横アーチがなくなり横幅が広がってしまいます。そこで先の狭い靴を履いているとさらに小ゆびが圧迫され悪化していきます。

自分でできる対処方法

  • 痛みがある時は安静にする
  • スポーツをやっているのならば中止や回数を半分にしてみる
  • 市販の弾性付帯で足の痛いところを固定
  • 歩く時痛みが出ている場合にはクッション性があるインソールでの保護

当院での施術方法

包帯固定

痛みがひどい場合には包帯とテーピングを使っての足に特化した固定をします。

足首、足ゆび、足裏を矯正

痛みがあるところに注目しまいがちですが、歩いている時立っている時に負担が集中し痛みが出ていますので、足首から足ゆび、足裏を整える事で一点に集中している負担を軽減させるために痛みがでないソフトな矯正をします。

テーピング補正

テーピングで補正することで足の痛みが出ている一か所に負担をかからなくなる。それに足裏や足ゆびの補正でゆびが使える3点歩行になります。

よくある質問

Q.痛みはどのくらいでとれるのですか?

A.個人差はありますが、1週間に1回の施術で1ヶ月(4回)で半分以上の痛みは解消します

Q施術時間はどのくらいかかるのですか?

A.初回は問診等色々アドバイスもありますので80分くらいはかかりますが2回目以降は40~45分位将来にわたって再発しないように時間をかけて丁寧に行っています。

Q.施術は痛みがあるのですか?

A.全く痛みはありません。足のソフトな矯正も痛みがないです。

Q.テーピングするとありますが、お風呂には入れないでしょうか?

A.いいえ、入れます。当院で使用しているテーピングは撥水効果が高いので多少濡れても大丈夫です。

Q.テーピングでかぶれる事はありますか?

A.個人差はありますが、あまりかぶれるような方は今までにはいないです。

Q.何日位テーピングをしとくのですか?

A.基本的に3~4日間はテーピングをしてもらいます。その後には当院で置いてあるドクター開発のソックスで対応してもらっています。

Q.施術の流れはどのようになっていますか?

A.施術の流れはこちらを参照してくださいhttps://vaitaru.com/nagare/