問診票の記入&カウンセリング

現状を把握するため「外反母趾.足の痛み」に特化した問診票の記入をお願いしています。

その後、足の痛みについて詳しくお聞きしますので、ご不明な点がありましたらお気軽にお聞きください。

フットプリンターで足形を取ります

足形、立位時にどこに圧がかかっているか、外反母趾の角度等、検査をします

施術方法の説明&足の痛みの解説

ご案内ブックを使って外反母趾など足の痛み詳しく解説致します

施術開始

①フットマッサージ機で血行促進

②手技で、足裏矯正、足指矯正

③整足テーピングで補正

テーピングを用いて足のゆびや足裏、足関節を補正することで、歩いた時に足がスムーズに動くようにします

※当院のテーピングはつけたままでもシャワーやお風呂に入れる特殊なテーピングです。

テーピングで足を補正することで、得られる効果とは…

❶過剰な足への衝撃を抑制

外反母趾になると、偏平足や開帳足と言って足の裏の3つのアーチが低下してしまいます。

テーピングでの足の補正をすることで、3つのアーチを作ることで足裏本来の機能である、クッション性とバランス力が戻り足に負担がかからなくなります。

❷過剰な足の捻じれを抑制

外反母趾で親指が外側に変形してしまうと、歩行時に足が外側に捻じれてしまいます。

テーピングで親指と小指(第五中足基底部)押圧することで指が開き捻じれ歩行を抑制できます。

再評価とテーピングの取り扱い

テーピングで補正することで、患者さんの殆どの方が、足のゆびがしっかり地面に着いて、歩いた時に楽な感じと、おっしゃいます。

施術を開始すれば、勝手に治っていくと言うわけでもありません。

場合によっては、行っている運動の頻度の調整や一時的な中止、靴やインソールの変更等、「生活習慣」が必要になります。

※テーピングはかゆみやかぶれ等がなければ「3~4日」貼ったままの管理になります。

※シャワー程度なら濡れてもタオルでふき取ってもらえば大丈夫な素材になっています。

アフターケアの説明

外反母趾や足の痛みを最短で改善するスケジュールをご提案させていただきます。

また日常生活での注意事項やセルフケアも合わせてお伝えします。

お支払い・次回のご予約

お支払い.次回予約をしていただき終了となります。

もしここでご心配事やこれからの流れ等分からない事があればお気軽にお聞きください。

目安として、1週間以内に再度来ていただくと、回復へつながります。

※施術計画を立てるので、次回のご予約をお伺いします。

ご予定をご確認の上、ご来院いただけると幸いです。

当院では、帰宅した後も患者さんが安心するように、メールやラインを使ってアフターケアも行っていますのでご安心ください。

所要時間

初回 : 70分~80分
(初回は施術前にフットプリンターで足の形を取ったり、足の痛みの検査や自宅ケアのアドバイスがあります)

2回目以降 : 40~45分

※毎月のキャンペーン枠にも限りがありますので、お尋ねください。